独自のインジケーターを開発することが出来る

sdf998 メタトレーダーはロシアの会社が開発した無料のFXトレーディングプラットフォームです。国内FX業者では独自のトレーディングプラットフォームを提供するのが一般的ですが、海外FX業者ではメタトレーダーを使用することが多いです。メタトレーダーは無料ソフトなのでどなたでもダウンロードしてパソコンにインストールすることが出来ます。メタトレーダーは様々な通貨ペアのチャートを表示することが出来ます。

移動平均線やボリンジャーバンド、一目均衡表、MACD、RSI、ストキャスティックスなど様々なインジケーターが標準で装備されており、テクニカル分析を行えます。新規注文や決済注文も可能です。注文種別にカウントダウンがあり、Buy by Marketは成行買い、Sell by Marketは成行売りの意味です。

注文種別には指値または逆指値注文(新規注文)があり、Buy Limitは指値買い、Sell Limitは指値売り、Buy Stopは逆指値買い、Sell Stopは逆指値売りの意味です。

さらには新規注文と決済注文を組み合わせたIFD注文といった複雑な注文を出すことも可能です。慣れるまでに時間がかかりますが、国内FX業者で取引した経験がある方は感覚的に注文を出せると思います。

メタトレーダーはプログラミングの知識があれば独自のインジケーターを開発することが出来ます。標準装備のインジケーターはパラメーターは変更できますが、なかなかそれだけでは通用しないことが多いです。さらにはEA(売買プログラム)によるシステムトレード機能も付いています。

EAもプログラミングして独自に開発することが可能で、裁量取引では限界を感じていましたら、その手法をシステム化するとすべてEA任せにすることが可能です。

ご自身で開発できなくてもインジケーターやEAはFX商材として有料で販売されています。インジケータータイプのFX商材は売買サインを矢印で出すので、それに従って裁量取引します。

FXプロトレーダーの手法をそのままご自身の取引に反映できるのが魅力です。金融取引になれていない層にも、例えばハイローオーストラリアのBO業者がMT4を一緒に利用して通貨取引ができる新種のサービスを始めています。EAタイプのFX商材はそのまま自動で売買を繰り返します。何もしなくてもFXプロトレーダーの取引が自動で行えるのが魅力です。インジケーターやEAによってレンジ相場に得意なもの、トレンド相場に得意なもの、スキャルピング手法を用いたもの、トレンドフォロー戦略を用いたもの、

どんな相場にも合わせられるものといろいろなタイプがあります。ご自身の取引スタイルに合わせて選ぶことが出来ます。有料だからと言って必ず収益を上げてくれるわけじゃないので、きちんと性能のいいものを選ぶことが大切です。メタトレーダーはバックテスト機能も付いているので十分な時間をかけて検証してから運用してください。