システムトレード(シストレ)とはどんなものなのか?

sdf1998 FXでトレードをする場合、2つの方法があります。それはシステムトレード(シストレ)と裁量トレードです。シストレは自分のスタイルにあったプログラムに沿って自動で売買してくれるオートマチック手法とも言うものです。裁量トレードは自分で売買のタイミングを決め自分でエントリーしてポジションを取って行く手法です。MT4とはシストレで利用できるツールです。

シストレと裁量トレードの違いを例えて言うと、裁量トレードは薪を使って釜で炊くご飯、シストレは全自動炊飯器を使って炊くご飯のような違いです。つまり裁量トレードは自分で判断してエントリーしたり決済したりする事に対し、シストレはプログラムが全てやってくれる自動売買トレードです。

シストレは色んなFX会社が推奨したりプログラム開発者が作って売りに出したりしています。以前はFXをやっている上級者だけの難しい手法だと思っていたのですが、最近ではFXを始めたばかりの初心者にも使い易いように開発されさまざまな人によって使われるようになってきました。

シストレという取引手法を取り入れる前にシストレの良い所と悪い所を見極め、相場の状況に応じて使う事が成功に繋がるのではないかと思います。シストレは24時間いつでも自動で売買してくれます。仕事を持っているサラリーマンのように常にチャートを見る事が出来なかったり、エントリーしたいタイミングにエントリー出来なかったりする人には最適だとは思います。

シストレの中にも大きく分けて2通りあり、選択型、開発型の2種類に分ける事が出来ます。プロが作ったミラートレーダーと言われる初心者に最適の選択型のシストレは誰にでも使え、プロの経験と知識が詰まったプログラミングですのでプログラムが苦手な人やプログラミングが出来ない人にはとても便利です。

しかし開発型となるともっと上級者向けのものになり、自分の知識や経験をふまえ、儲かる仕組みを自分なりにカスタマイズする事ができFXの知識とプログラミングの知識の上に自分の経験値を上乗せしてさらに上級のプログラム開発によってさらに上を目指すものが開発型です。

売買プログラムは作った方は経験があると思いますが、なかなか良いものが出来ず、更に上を目指して売買プログラムを作ってもうまくはいかないものです。それだけ為替相場と言うのは思った通りにはいかない甘くない世界だと言う事なのでしょう。よってFXをやるにあたってシストレを使ってみたいという方は売買プログラムを作る自信がある人はチャレンジしてみるのも良いかもしれませんが、まずは選択型のシストレから始めるのが良いと思います。オプションビットという業者はバイナリーオプション専門ですが、この業者の提供しているツールを利用することにより、シストレが可能となります。