投資で人生の幅を広げよう

 

「投資は自分には関係ない」
「投資はやったことがない」

本当ですか?

株投資やFXはしたことが無いという方も、銀行にお金を預けていませんか?
銀行で預金をしているとしたら、それだって“投資”の一種! あなたも投資をしていることになるのです。

実は投資は、あなたが思っている以上に私たちの生活の身近なところに存在するもの!
これを機会に「投資は難しい」「自分には投資なんて関係ない」などといわず、この先の備えとして投資に目を向けてみてはいかがでしょうか?

何も投資家と呼ばれる人たちのように血眼になって相場の動きに向き合い、“投資で生計を立てていける”ほどに大金を稼ごうなどとする必要はありません。

ただ、これからは“年金”も当てにできそうにないわけですから、自分のペースで少しずつ投資を行いながら・少しずつ資産を増やしていくことを考えていきませんか?
チリも積もれば…ではありませんが、コツコツ利益を積み重ねていけば、思いの外大きなリターンが得られるものですよ!


【銀行預金にもリスクがある!?】

老後資金を貯めるためにも、投資は早いうちから始めておくべきでしょう。

しかし…、そうは言ったものの「投資は怖いから、お金は銀行に預けておいた方が安心」という方も多いはず。確かに積極的に売買を行うタイプの投資では下手をすると大損をする危険さえありますからね。

でも……「銀行預金」なら安心・安全だと言えますか?

銀行にお金を預けておけば安心だと多くの方が思われているでしょう。確かに、銀行預金という投資法には、原則として株やFX投資のような形で資産が目減りする危険はありません。しかし、そこにだってリスクはシッカリ存在するのです。

もし、利用している銀行が破綻するようなことがあれば預けた資金の全額を取り戻せる保証はありませんし、通貨価値の変動もまた大きなリスク。インフレになって通貨価値が下がってしまえば、それは資産の目減りを意味することとなり、言うまでもなく外貨預金をしている際に相場が円安になれば相対的に資産を減少させる結果となってしまうわけです。

このように、銀行に預けている資金も、株やFXをする際同様に常に数々のリスクに晒されているということ! しかも今は、銀行にお金を入れていても殆ど利子がつかないため投資としてのメリットもありません。

だからこそ、これを機に色々な投資の選択肢に目を向けてみてはいかがでしょうか?


【リスクを抑えた投資のススメ】

投資にリスクは付き物ですが、取引手法を工夫することでリスクを抑えることは可能。
リスクがあるということをシッカリ認識し、それに対処していけば決して投資は怖くありません。

例えば、FXでリスクを抑えたい場合には「レバレッジを低く設定して(低金利通貨で高金利通貨を買い)金利差益を狙った中・長期取引を行うスタイル」がオススメ! これなら、外貨預金並みのリスクで、なおかつ外貨預金よりも(手数料コスト低いこともあり)ずっと高い利益を狙うことができるのです。

長期投資なら、大きな相場のトレンドに注意を払えばよく、日々の細かな相場変動を血眼になって追う必要がないため、精神的にも時間の面においても余裕を持って取り組めるでしょう。

もう少しリスクを負ってでも積極的に利益を狙うのなら、中期取引がオススメ。
長期取引をする場合よりも、相場の見極め能力が求められますが、中期ならば、比較的ゆとりをもって取組むことが可能。取引や相場について勉強する時間がある方は、ぜひ事前に少し勉強をしたうえで、この中期取引にチャレンジしてみてください。

もちろん短期投資で積極的に売買を繰り返すという手もありますが、短時間で取引をするということは、それだけ素早く相場の動きを見極めて、瞬時に判断を下して行く必要があるということ。それにはある程度の知識と経験とが求められます。

ですからFXをするにせよ株取引をするにせよ、とりあえずは「リスクを抑えた中長期取引」から始めてみるのが良いでしょう。

投資に強くなるには、経験を積んで“投資に慣れる”ことが大切です。
投資に慣れ、自分なりの投資スタイルを見つけることができれば、おのずと結果はついてくるもの。そのためにも、まずは大きな利益を狙うのではなく、リスクを抑えた取引からスタートし、取引経験を積み重ねていきましょう。